ロミロミマッサージ.net

「ロミロミ」の言葉の持つ意味

「ロミロミ」とはハワイ語で「揉む」という意味の他に、「マッサージする」、「圧迫する」、「手の平で伝わる愛情」等の意味も含み非常に深い定義を持っています。 1779年にキャプテンCookがハワイを発見した際にロミロミを観察し、それについての記述があるものの、ロミロミという言葉は見つかっていません。 ロミロミという単語が使われている最古の文献は1794年に自然主義者で外科医のArchbald Menzies氏によって執筆されたものたのの中で、タヒチアン語で「Rumirumi」と書かれています。正しくは「Lomilomi」ですが、ロミロミの記述であることは明らかです。

「ロミロミ」の歴史から今日までの流れ

現代の医療システムがなかったハワイでは古代から医療の一つとしてロミロミが用いられていました。当時はロミロミの施術を行えるのはカフナと呼ばれる特別になスピリチュアル要素を持った選ばれた者のみで、通常カフナは同じ一族の中から乳児または幼少時代に祖父母などによって選ばれ、子供の頃から長い期間様々なレーニングを受けます。そしてこのヒーリングは門外不出とされていましたが、1973年に 「この素晴らしさを多くの人に伝えたい。」 というアンティー・マーガレットが、家族以外の外部に公開するという掟を破ったことによって、概念や技術が広まりました。 ロミロミは祈りで始まり祈りで終わる、非常にスピリチュアルなものです。ロミロミを行うヒーラーは神からの力を受けて、自らの身体を通して施術を受ける側にその偉大な癒しの力、愛の力を送ります。そして「叩く」、「揉む」、「圧迫する」、「擦る」、「押し流す」等の手技を使って身体全体を癒します。 ロミロミを一般に広めたことで知られているアンティーマーガレット氏のロミロミ定義には 「愛のタッチ(Loving Touch)!-それは すべての生命の源、心、手、魂を一つにして」とあります。 愛と洗練された技術を通して、生命に働きかける精神と肉体を癒すという古代から受け継がれた非常な崇高な行為、これがロミロミの本当の意味と言えるでしょう。

よく読まれている記事