ロミロミマッサージ.net

ロミロミマッサージのスタイル

ロミロミは様々なスタイルが存在し、古代王朝時代から伝わるカフナによるロミロミと一般家庭で行われていたロミロミのスタイルがあると言われています。 今日私たちが体験できるロミロミのルーツは、「テンプルスタイル」、と「アンティー・マーガレット」によって解禁されたスタイルの2つに大きく分かれます。

テンプルスタイル

テンプル(Temple)とは神殿という意味で、このロミロミは神殿内で行われていた為にテンプルスタイルという名がついたとも言われています。テンプルスタイルのロミロミは、非常に宗教的な要素の高い、神聖な儀式の一つでした。身体・精神・感情、そしてエネルギーと魂へ働きかける為、祈りが非常に重要とされていました。 主に前腕を使って円を描くような統合的な動きが基本とされています。 現在カフナから継承されたとするテンプルスタイルのロミロミを行えるプラティショナーは世界中で数百人程度しかいないと言われています。

アンティーマーガレットのスタイル(ハワイ島スタイル)

カフナであった祖父から受け継いだロミロミの技術を世界に広めたのが、アンティー・マーガレット・マチャドです。 「この素晴らしさを多くの人に伝えたい。これは愛の働きです。愛の為に私はこの素晴らしい贈り物を教えます。」 こう言って、家族の反対を押し切り、門外禁止の掟を破ってその教えを世に広めたことは有名です。 彼女は人種や貧富の差を問わず、実に世界中から彼女を訪れた多くの人々を癒しました。 しかし彼女は癒すは自分ではなく、神の愛だと言っています。そして、ロミロミにおいて祈りがどんなに重要かという事も教えており、 「ハワイアンマッサージとは祈りの働きである。」 とはっきりと言っています。また、彼女の定義には 「愛のタッチ(Loving Touch)!-それがすべての生命の源、心、手、魂を一つにする。」とあります。 現在一般的に知られているロミロミは、このアンティーマーガレットのスタイルが主流とされています。


技術よりも愛が大切

どのスタイルのロミロミにおいても、技術や手技といったテクニックよりも魂や心、そして愛といった精神的な働きかけや祈りが重要とされていることが分かります。 偉大な先人らの意思を受け継ぎ、この神聖で貴重なロミロミのスタイルが今後も継承されることを願います。


関連記事

よく読まれている記事